東京脱出計画

意識高くて何が悪い!?『20代〜30代の目線が上がる』意識高い系の話をしていきます。

「FX」は危険でしょうか?では、銀行が売っている「外貨預金」と比べてみましょう。

FXは危険と思っているあなたへ

結論から言ってしまえば、FXは別に危険ではありません。

 

そのへんの金融商品と同じく、単なる仕組みです。

 

FXは危険と思っているあなたに問いたいです。

 

銀行で売っている外貨預金はどう思いますか???

 

銀行が売っている外貨預金は、実は情弱向けなんです。

f:id:andoyuki:20181025151646p:plain

たとえば三菱UFJ銀行で売っている外貨預金を見てみましょう。

 

米ドルの金利は0.20%です。

 

f:id:andoyuki:20181025151817p:plain

為替手数料は、25銭。

f:id:andoyuki:20181025151927p:plain

このことを注意しながら、FXの金利・手数料を見てみましょう。

 

外貨預金とは、つまり外貨を日本円で買うということです。

 

同じことってFXでも出来ちゃうんですよね。

 

たとえば「SBIFXトレード 」で米ドルを買ってみましょう。

 

FXでは金利のことを、「スワップポイント」といいます。

 

SBIFXトレードでは、10,000米ドルにつき毎日74円のスワップポイントが付きます。

 

f:id:andoyuki:20181025152534p:plain

 

記事執筆時点(2018年10月25日)で1ドル112円なので、1,120,000円に付き、毎日74円。

 

年間にすると、74円×365日=27,010円のスワップです。

 

年率、2.41%ですね。

 

為替手数料で見ると、三菱UFJが0.20%、SBIFXが2.41%。

 

手数料は、三菱UFJが25銭、SBIFXが0.27銭。

 

f:id:andoyuki:20181025153236p:plain

 

なにこの差・・・。

 

まとめ

スワップの変動はありますが、どう考えてもFX口座で買ったほうがお得ですね。

 

レバレッジを1倍で買えばリスクも同じですしね。

 

外貨預金というか、銀行で売っている商品は情弱向けなので、ご注意を・・・。

 

SBIFXトレード で口座開設をする】