東京脱出計画

意識高くて何が悪い!?『20代〜30代の目線が上がる』意識高い系の話をしていきます。

2019年10月スタート!なにが8%でなにが10%?軽減税率の対象品目まとめ

2019年10月から消費税が10%になってしまいますね。

 

最近ニュースで話題になっている「軽減税率」。みなさん気になりませんか?

 

「軽減税率」というのは、ざっくりいうと「消費税は10%になるけれど、食料品や飲み物は8%のままにするよ」というなんだか複雑な制度。

 

具体的になにが8%でなにが10%なのか、自分のところでもやもやしており、今回はまとめてみました。

 

軽減税率。対象品目をまとめてみた

こちらのページにあった「軽減税率」の資料。これをもとに解説していきます。

f:id:andoyuki:20181016090301p:plain

軽減税率

消費税の軽減税率というのは、「食料品や飲み物は消費税8%のままだよ」というよくわからない原則がありながらも、ものや状況によって、また違ったり。。。

 

主に、

 

  • 食料品や飲み物
  • お弁当やテイクアウト、外食
  • ケータリングや出張料理、出前
  • 食玩などの一体商品
  • 医薬品や医薬部外品

などの種類で分けていきます。

 

1.食料品や飲み物

f:id:andoyuki:20181016091241j:plain

食料品や飲み物は原則8%です。

 

ペットフードは10%

ペット買われてる方は痛いですね。

 

この食料品かどうかは、「人が食べられるものかどうか」で判断します。

 

俺はペットフードも食う!という方は、とても残念ですね。。。

 

2.酒

f:id:andoyuki:20181016091712j:plain

お酒は10%です。

 

ただし例外があって、

  • みりんや料理酒→お酒なので10%
  • みりん風調味料→お酒ではないので8%

ようするに、アルコールが1%以上はいってるか、いないかで区別できます

 

ですので、ノンアルコールビールや甘酒は8%です!

 

3.お弁当やテイクアウト、外食

f:id:andoyuki:20181016092158j:plain

複雑なので、ざっくりとまとめますが、

 

  • お弁当→8%
  • 牛丼などのテイクアウト→8%
  • お店内で食べる→10%

この辺混乱しそうですね。。。

 

お店内で食べるのは、10%

これ、混乱しそうなんですが、

 

例えば、コンビニで同じ弁当を買った場合でも

 

  • イートインスペースで食べる場合は10%
  • 外とか、それ以外の場所で食べると8%

ようするに、どこで食べるかで税率が変わります

 

フードコートなども10%

フードコート内で食べたとしても10%です。

 

ああ、ややこしい。。。

 

社員食堂も10%

社員食堂でも10%です。

 

財布の中身が・・・。

 

4.ケータリング

 

f:id:andoyuki:20181016092750j:plain

 

ケータリングは10%になります!

 

出前は8%

 

「ケータリング」と「出前」って何が違うねん。

 

という言葉が聞こえてきそうですが、そこで料理や盛り付けをするかどうか、そのまま食べられる状況で運ぶだけなのかどうか、の違いです。

 

ようするに、

 

  • 料理や盛り付けをするなら10%
  • そばなど、そのまま食べられる状態で運ばれてきたのは8%

です。

 

納得いかないなー

 

老人ホームは例外として8%

ずるくない?

 

社会福祉税下げてほしい。

 

5.食玩などの一体商品

f:id:andoyuki:20181016093421j:plain

 

食玩などのおもちゃとお菓子が一緒のものってありますよね。

 

一体資産とは?

一体資産に該当するのは、

 

  • 税抜き金額が1万円以下であること
  • 食品の部分の金額が3分の2以上であること

です。

 

この2つの条件を満たすものは8%ですが、

 

どちらかを満たせないものは10%になります。

 

6.医薬品や医薬部外品

f:id:andoyuki:20181016094017j:plain

 

医薬品や医薬部外品は食品ではないため10%です。

 

ただし、栄養ドリンクやエナジードリンクのように、医薬部外品とそれ以外のものと別れている場合は、

 

  • 医薬部外品と書いてあれば10%
  • 書いてない場合は8%

というややこしい違いがりますので、ご注意を。

 

まとめ:結局軽減税率はぼくらを混乱させるのか?

 

アメリカニューヨーク州の税金も細かく別れてます

 

服とか必要最低限身につけるもので、$110以下のものは、税金がかからないとか。

 

こんな状態で、ニューヨーク州は混乱しているのか?かというと、混乱していません。

 

それは、レジのシステムに入ってるからだと思われます。

 

なので、日本のレジでも、

 

「これは10%」、「これは8%」などとボタン一つで課税できるようにすれば、お店の人も困ることはないと思います。

 

私達、お客側は慣れていくしか無いでしょう。

 

始まる前は、混乱するかもしれませんが、始まってしまえば日常生活に溶け込むと思います。

 

そんな感じです!以上!!