東京脱出計画

意識高くて何が悪い!?『20代〜30代の目線が上がる』意識高い系の話をしていきます。

『人生楽しくない』と思ったら読むブログ

f:id:andoyuki:20180913095854p:plain

人生が楽しくないっていう方いますよね。

 

だけど、そういう人たちって下記のような問題点があるからだと思います。

 

  1. 死を意識していない
  2. 自己肯定感が低く、自分に自信がない
  3. 他人に合わせて自分を偽っている
  4. ロールモデルが見つかっていない

 

さっそく、解説していきましょう!

 

1.死を意識していない

「自分はまだ死なない」と思っている人は、人生を楽しんでいないと思います。

 

まだ死なない→時間がたっぷりある→日々の生活がマンネリとしてしまう。

 

こういう悪循環になると思います。

 

逆に「自分はいつ死んでもおかしくない」と意識している人は、「生き焦っている」ので、結果的にエネルギッシュにいまを生きています。

 

今を生きないと、死んでしまうんだから当たり前ですよね。

 

誰も「明日絶対死なない」なんて言い切れないです。もしかしたら事故死に合うかもしれないし、他殺で死ぬかもしれない。

 

それなら、今この瞬間を生きていったほうが良くないですか?

 

大病を患うと死にたいする価値観が変わるというのはよく言いますが、ぼくは「原発性リンパ浮腫」になってから、価値観が変わりました。

 

自分のやりたいことを全力でやると!

 

そのおかげで、今まで自分に厳しくしていたのが、嫌なことは無理してやらないという価値観が出来るようになりました。

 

2.自己肯定感が低く、自分に自信がない

自分の人生なのに主役になりきれていない人って結構いると思います。そういう人たちは自己肯定感が低く、「根拠なき自信」が欠けています。

 

完璧主義って生きづらいと思うんですよね。「とりあえず失敗を前提にやってみて、あとから調整していく」というスタイルを取り入れたほうが楽に生きられると思います。

 

完璧主義が強いと「とりあえずやってみる」が出来なかったりします。

 

そうして人生の時間が費やされて、いつの間にか死んでいくわけです。

 

3.他人に合わせて自分を偽っている

 

他人に合わせると楽しくないですよね。

 

多少キャラを使い分けることは健全ですが、そればっかりだと疲れてしまいます。

 

「他人がいないと自分になれない」ような錯覚に苦しみ、コミュニケーションに時間と労力を吸い取られてしまいます。

 

人との付き合いをする中で、少しでも「これ本当の自分ではないな」と思ったら、いっその事その人との縁をぶった切ることも大切です。

 

世界中には70億人もの人間がいます。なんとでもなります。

 

4.ロールモデルが見つかっていない

 

「この人のように生きたい!」と思った瞬間、人生というのは加速していきます。

 

僕自身も常にロールモデルを追い求めています。1人というよりかは、この分野はこの人っていうような様々な要素をかけ合わせていますね。

 

「生きている気がしない」という人は、いろいろな人の話を聞いたり、本を読むと言いですよ。必ず「しっくりくる」という生き方が見つかるはずです。

 

一番良くない人は、全然尊敬できない上司と同僚に囲まれ、会社と自宅を往復するだけの毎日を過ごすというのが一番良くないです。

 

そのような人たちに時間を費やすのではなく、人と会って自分の生き方を見つけましょう!

 

まとめ:人生を楽しむためには

まとめると、自分の人生を楽しんでいる人というのは

  • 死を意識している
  • 自己肯定感が高く、根拠なき自信がある
  • 自分を偽っていない
  • ロールモデルを持っている

 

なんてのが、共通点になるんじゃないかなと思います。